アラ還オヤジのゆるゆる日記

日々の出来事や、好きなことを、難しいことは抜きにしてゆるゆると書き連ねて行きたいと考えています

君は天然色

こんにちは。

流浪のブロガー、マキノです。


ワタシの大好きな大滝詠一さんの曲を思い出して聴いていました。


初めて聴いたのは君は天然色なのでそれが1981年。

かれこれ36〜7年近く経っている。


有名な話ですからファンの人はみんな知っていると思いますが、大滝さんがこのCDは最後のつもりで作ったさくひんで、これが売れなきゃ辞めようと思ってリリースしました。


作詞ははっぴいえんど時代の旧友でもある松本隆さんにお願いしたそうです。


しかしちょうど松本隆さんの妹さんが急逝されてしまいます。

松本さんはあまりのショックで作詞ができる状態ではなくなってしまったそうです。


こんな状況なので松本さんは大滝さんにお断りをしたようです。


しかし大滝さんは発売日を延期するから待つと言ったそうです。


そうして何ヶ月か後に立ち直った松本隆さんが書いた曲が君は天然色です。


この詩には妹さんのイメージが残っているそうです。


大滝さんはこうも言ってました。

松本隆はいろんな人と組んで仕事をしてるが、俺が一緒に仕事した男は松本ただ一人だと。


はっぴいえんど時代の友情ですかね、それにしてもサイコーの二人ではないですか。


でもワタシが一番好きな曲は次のアルバムEACH TIMEに収録された

ペパーミントブルーという曲です。


ペパーミントグリーンという色は知ってますが、ペパーミントブルーという色は知りません。

松本隆さんの作った言葉です。


これは30年以上聴いてますが何回聴いても感動します。


是非聴いてみて下さい。


夏の情景が浮かぶ歌詞とメロディー。

スゴイ曲です。