アラ還オヤジのゆるゆる日記

日々の出来事や、好きなことを、難しいことは抜きにしてゆるゆると書き連ねて行きたいと考えています

夢中になったものをもう一度考えたら

嫌いだった小学校〜中学校時代をもう少し掘り下げて思い出してみます。
 
1)夢中になったもの
 
プラモ  やはりこれしかありません。
 
最初のプラモのきっかけは多分サンダーバードのプラモだったと思います。
テレビの中の主要メカが手の中にある事が嬉しくて嬉しくて擬音やテーマソングを口ずさみながら一人で遊んでいました。
 
あるときからドイツ軍の戦車を中心にジオラマを作っていきます。
塗装もするようになりました。よりリアリティのあるものを作っていく事を楽しく思っていました
部屋がシンナー臭くなるので両親はあまり良い顔はしませんでしたがかまわずにのめりこんでいきました。
 
 
漫画   運動とコミュニケーションが苦手なわたしは外で友達とあそぶことはほとんどないので
少年サンデーという週刊誌を毎週買ってもらって暗記するほど読んでいました。
もーれつア太郎」というギャグ漫画と「ターゲット」というハードボイルドものの両極端なものが好きでした。
漫画本を読むのが唯一の娯楽でこれでずいぶんと救われていました
 
そのあと「ワイルドセブン」という漫画にハマります。
バイク、拳銃といった小物の描写も好きですが、映画を見ているようなストーリーと迫力ある劇画は
メチャ好きでこれもほとんど暗記していました。
 
そしてぼんやりと漫画家になりたいとこの頃は考えていました。
 
 
中学生になると
 
ラジカセ&ステレオ      深夜放送&音楽にハマります。
 
SONYのモノラルラジカセで深夜放送を聞くようになり
オールナイトニッポンなどに夢中になってました。
でもハガキを書いたのは1回だけです。
大好きだったのは南こうせつさんです
 
その後は東海ラジオミッドナイト東海にハマり
笑福亭鶴瓶さんが大好きでした。
 
 
このころの憧れはこうせつさんのようなディスクジョッキーです。
ステレオセットがこの頃に我が家にきます。
カタログをもらってきて各社の比較ばかりしていました。
これはモノを買うときはいまもしています。
 
 
ずーっとステレオを独占してラジオから録音した曲を集めて
カセットのベスト盤をダビングして作っていました。
これは本当に夢中になって時間を忘れていつまでもやっていました
謡曲フォークソングが中心です。
 
 
 
中学2年~3年になるころにビートルズと出会います。
初期の荒々しさ、若さ、ひたむきさ、楽曲のよさがまず好きになります。
後期の多重録音、複雑なメロディーとリズム、多種の楽器、シンセなどの新しい音作り。
とくにジョンレノンの楽曲にしびれていきました。
自分のことをさらけ出し恥ずかしくて隠してしまいたいようなことまでも発信してしまうところは凄みを感じます。
カリスマたるゆえんです。
ソロアルバム「ジョンの魂」は鳥肌が立つほど私的な内面をさらけ出した歌詞に感動します。
 
彼らに関する書籍など読みあさりこれもけっこう暗記するほど読んでいました。
 
 
 
高校時代  
 
洋服=メンズファッション
 
この時代は洋服にハマっている頃です。
メンズクラブという雑誌をコレまた暗記するほど読んでいました。
 
トラディショナルファッション=アイビー
といった洋服をコレクションする日々です。
 
洋服をブリティッシュ系、アメリカン系、フレンチ系、イタリアン系などと系統立てて
きちんと説明してくれたので大変理解が深まっていきました。
 
それらと組み合わせるアウトドア系やアーミー系のアクセントの入れ方など
まさに教科書のように読んでいました。
 
この頃にファッションのいろはが分かってきたのでファッションは感覚も必要だけど
知識と学習が必要だということも学びました。
ファッションも勉強と同じです。
 
 
 
しかしこの数年後にDCファッションが大流行し、
川久保玲さんと山本耀司さんにひっくり返されるまでずっとトラッドスタイルを着ていました。
 
 
彼らはトラッドにも通じるアバンギャルドファッションでトラッド好きもヨ−ロピアンエレガンス好きも納得する
本当に新しいファッションを提案していました。
本当に格好良いスタイルでした。
 
大学卒業後、しばらくするとギャルソンばかり着るようになっていました。
 
 

これらの共通点は
ものの仕組みを理解、比較して一番を選ぶでしょうか。
と前回は結論としましたが
 
興味を持つと仕組みを知りたがり、掘り下げて調べいく性格と言う言い方もできます。
年代ごとに興味が移っていくのが分かります。
 
その他のことはほとんど憶えていません。

消したい過去って

2度と戻りたくない辛かった時期は?
 
小学校〜中学校時代
セールスマン時代
 
そのときは「なにが」辛かった原因なのか?
 
小学校〜中学校時代
 
とにかく友達を作る事が苦手でした
コミニュケーション能力が圧倒的に不足していました。
いじめられはしませんでしたが一人でいる事が多かったです。
また体育が苦手で女子と一緒にやる授業は
自分だけできないのが
恥ずかしくて恥ずかしくて、いやでした。
ここから逃げ出したい気分でいっぱいでした。
なので卒業アルバムはすぐに捨ててしまいました。
この頃の自分は消してしまいたいと思っていました。
 
 
セールスマン時代
 
コミュニケーション能力をあげたくて希望していったのですが
結局知らない人と話すのが苦手なので
能力アップどころかますますヒドくなってしまいました。
また毎日毎日ノルマを朝礼で発表するのですが
だんだん嘘を言うことになれていって
自分の本心とかけ離れていくのが許せなくなっていき
無理と悟り退職しました
 
 
 

そしてそれはどうやって乗り越えたのか?
 
 
 
運動音痴は体育の男女混合の授業がなくなれば
特に問題なく生活できました。
男同士なら下手でもべつに気になりませんでした。
開き直りかもしれませんが
女の子の目が気になっていただけで
ただの自意識過剰です。
 
 
コミュニケーション力は演技することを覚えたと思います。
自分ではない別の人を演じるような感覚です。
環境(職場)を変える事によって演技ができるようになったのです。
しかしながら本質は変える事はできないので
乗り越えた訳でなく
付き合っていく人とは必要最小限にして上っ面の付き合いです。
ただ一人を除いては友達とは呼べません。
 
また営業の仕事はできない事がわかったので
専門学校に通ってデザインの仕事を覚えました。
これが転機だったと思います。
とにかく合わなければどんどん環境を変える事によって
自分に無理のない方向に向かいました。
 
短所を克服するというより
できること(長所)を磨くといった考え方です。
 
 
他人からみれば逃げてばかりいるのかもしれませんが
まさにこんな感覚です。
 
 
へんな話ですがまともにぶつかって戦い続けたら
自殺していたかもしれません。
 
ある意味ではテキトーで
いい加減に生きて来たから
皆さんにお勧めはしませんが
こんなカッコ悪い生き方のワタシがいます。
 
けれどもまだ生きています。
 
さんまさんが言っていますよね、
生きてるだけで丸儲け、です。
 
 
先日、中学の同窓会がありました。
消したい過去の人たちと会ってきました。
 
親しかった友達は誰一人こなかった。
他の人とは面識もなく全く話す事がなかったので
全然楽しくありませんでしたが
彼らと会おうと思った自分がいた事が
不思議です。
 
誰も自分の事を覚えていないので
気楽だったことも良かった。
 
憧れていたひともきていなかったから
全く空振りしたような気分でした。

夢中になったもの

夢中になったものは
 
プラモ  これが最も好きでした。
一つ一つ部品を組上げ、完成させるのが好きでした。
さらに言えばいろんな物を分解するのも好きで構造を知るのが好きでした。
 
 
電気工作  プラモと同じ理由です。
抵抗を針金で作って扇風機の回転数が変わる仕組みを教えて貰った時は
鳥肌がたつくらい感動しました。
 
 
カセットテープでベスト盤を作ること
 
好きな曲をラジオから録音して
カセットテープを2台使ってダビングしてベスト盤みたいなものを夢中で作ってました。
 
テレビを見る事  SFの宇宙ものが好き
 
漫画を読む事   一番好きなのはワイルドセブン バイクと拳銃はこの漫画で覚えた。
 
オーディオのメーカー毎のカタログ比較   高価で買えないけどすべて比較して一番を選ぶのが楽しかった。
 
深夜放送を聞く    同世代の意見をDJが面白く紹介していてこの職業には憧れた。
テレビと違い親近感がすごくあった。
 
 
これらの共通点は
ものの仕組みを理解、比較して一番を選ぶでしょうか。
でもこれらは高校生までです。
 
そして大学生になってからは洋服に興味がいきます。
 
 
あこがれている人は
コムデギャルソンの川久保玲とワイズの山本曜司
完全に価値観をひっくり返された…ファッションでやられた人です。
 
でも彼らはあまりにも忙しすぎるのでなりたい人とは違います。
今なら なりたい職業は
ゾゾタウンの社長 前澤友作さんでしょうか。
または
西野さんのようなパソコン一台で稼ぐひとです。
 
 
大事な人
 
奥さんです。
 
どうなってほしいか
 
お金の工面で苦労させたくないです
せかせか働かなくてもいいようになってほしい
自分の好きなように生きてほしい
子供たちの学費を心配しないでほしい
身体をいたわってほしい
イライラせずほがらかにすごしてほしい
やさしいひとになってほしい
パソコンの仕組みを知ってほしい
パソコンのソフトを使いこなしてほしい
 
できること
 
いますぐにできることは彼女のパソコンの作業を代行してあげることです。
いまもしていますが。
 
それよりいますぐできませんが彼女のためにしたいことは
毎月毎月、不足しているお金を稼ぐことです。

紳竜の研究

紳助がテレビから姿を消して数年経ちますが、このDVDは2007年頃に出たもので彼は絶頂期だったとおもいます。

当時「行列のできる法律相談所」と「お宝鑑定団」はよく観ていました。

そしてこのDVDを観て私の中の彼の評価がぐーーーーんとアップしました。

司会が上手い、アドリブが上手だなぁと思っていましたが、紳助の本当の姿は全然そうじゃない。

ものすごく緻密に練られた仮説と戦略のもとに実行された行動だったのです。その中には衣装も含まれています。

「衣装は大事やで」とだけですがね(笑)

 

紳助竜介の漫才の衣装はつなぎです。

暴走族のネタにピッタリなのかもしれません。

革ジャンにボンタンでも良かったかもしれませんがそれでは行き過ぎと考えていたのでしょう。

 

花王名人劇場のVTRの場面は当時のヨーロピアンスーツを着ていました。

いかにもヤンキーが着ていそうなダブルブレストでパンツもバギーパンツ。

リーゼントの髪型ともピッタリの衣装でした。

コンケープショルダーでラペルも細め、タブカラーのシャツに細めのネクタイ。

おそらく靴もつま先の尖ったヨーロピアンシューズでしょう。

この頃はストレートチップが流行していました。

 

衣装も当時の漫才の常識はスーツです。

そこに波紋を投ずるようなやり方です。

そこらへんの兄ちゃんと同じカッコではアカンと言います。

正月の番組では事前に注意を受けていたにもかかわらず 

胸に賀正とマジックか何かで書いてつなぎで出演したと言っていました。 

自分を演出するのに第一印象を良くするのには適しませんが、インパクトをつけるのが目的ならそういった方法も考えられます。

新人のうちは目立つのも大事なのかもしれませんよね。

特にテレビに出るような仕事ならね。

彼は衣装も戦略的に考えていたことが分かります。

 

 

 

もし華やかな場所にあなたが急に出ることになって服装でお困りでしたら 

ベースはモノトーンで一色だけ華やかな色をさすことをおすすめします。

具体的な色をいうならキャメルです。

 

クロ、グレーのボトム、インナーにキャメルのジャケット。

「大人の色っぽい感じ」が出せますから挑戦してみてください。

あ、素材のいいものをおすすめします。

無彩色はあまり素材かんが出ないのでいいですが色物は素材の良し悪しがわかりやすいので

ご注意ください。

 

キャメルのジャケットなら普段でも着られますから無駄にならない賢い戦略的な服装計画になります。

 

 

あなたは【お金】とは何かをを知っていますか

あなたは【お金】とは何かをを知っていますか

 

 

あなたは、インターネットで稼ぎたいでしょうか?

ネットで稼ぐにはいろいろな方法があります。

オークション、メルカリ、アフィリエイトYouTube、ネットストアなどなど。

もちろん、このブログを読んでいるあなたは、

ネットで稼げるようになりたいですよね。

稼ぐためには、『お金』とは何かを知っておく必要があります。

 

 

長い間生きてきて経験もそれなりに積んだ私ですが、

お金とは何かをネットビジネスについて改めて知ったことをお教えします。

簡単なことなのですぐに理解してもらえると思います

 

 

 

アラ還オヤジのプロフィールをまだ読んでいない方はこちらから

⇒プロフィール

 

 

 

これから、稼いでいきたいなら、絶対に知っておくべき内容です。

これが理解できると、お金を稼ぐということが簡単になります。

『重要』な内容です。

 

 

 

  • 1  お金とは?
  • 2  お金はエネルギー
  • 3  提供する存在になる

 

 

1.お金とは?

ズバリ

お金 = 価値の提供に対する代償です。

 

会社員であるあなたは会社に対して日々の作業の結果として

利益という「価値」を与えています。

なので会社は給料という名目で会社はあなたに「お金」を支払ってくれます。

 

これは経路が複雑なのでわかりにくいのですが簡単に言えばそうです。

 

 

2.お金はエネルギー

 

急にむつかしい事を言うようですが、私達は地球のエネルギーの循環の中で生きています。

「肉体」、「食欲」、「感情」、「信頼」「感謝」「希望」「不安」すべてエネルギーです。

つまり、「お金」もエネルギーが目に見えるカタチになったものです。

エネルギーのお話は別の機会にもっと詳しくお話しします

 

3.まずは提供すること

 

お金を稼ぐには、このエネルギーを循環させるため、

まずは提供する必要があります。

よいエネルギーを提供しなければ自分にも返ってこず、お金を稼ぐことができません。

人より多くの価値を生み出せる人は、多くのお金を稼ぐことができます。

 

いかがでしたか?

概念として掴んでいただけたでしょうか。

これがお金の本質です。

 

まとめ

 

ここでもし、いただいたお金というエネルギーをすべて価値のないものに

“消費”したら..

 

結果は目に見えています。

 

こうやって考えると、お金儲けは至ってシンプルです。

 

皆さんにエネルギーを提供して、そのエネルギーを返してもらう。

これはネットだからこそたくさんの人に提供することができるのです。

 

 

「与えた価値の10分の1が収入になる」と言われています。

なので、まず与えることが先なのです。その後、自分に返ってくるということです。

 

与えられる存在になること

与えられる存在になるには、まず、自分が勉強したり今までの経験やわからないこと、失敗したことなどを提供することによってそれが価値になります。

 

アラ還の親父は人生経験だけはムダに豊富ですから、若い人たちのような

エネルギーはありませんが、ジジイの知恵というものがあります。

 

実際にやることは、有益になる記事や豆知識を書き、多くの人の共感を得ること。

「お得なこと、お客様が何か得られるもの」とブログなどに書いていくことで

価値を提供できるようになるということです。

 

 

ネット上にはいろんな人がいて、たくさんの情報が出ています。

それらの情報を理解して、実践するということは大切なことですが、

お金を稼ぐことの本質は、エネルギーを与え続けることが自分の収入に還っていくということを知っておいてください。

 

このお話は本当に大切なことで、頭ではこのことを知っている人は多くても、理解して行動までできている人は少ないです。

 

せっかくあなたもネットビジネスに興味をもたれ、知識を得たのですから、

私と一緒に稼いで、本当の意味で幸せになり、頑張っていきましょう。

 

ユーモアが不足してんじゃないの

こんにちは。

 

流浪のブロガー、マキノです。

 

最近は世の中の事でも

会社の中でも

家庭の中でも

 

もう一つ足らないものが
あると思っていました。
 
それはユーモアです。
 
落ち込みがちな気分でも
ユーモアで
冗談にしてしまう。
 
 
深刻な事態でも
気分まで深刻にならずに
ユーモアで
乗り切る。
 
 
笑いは人間だけの
感情じゃないんでしょうか。
 
 
会社の中だけでなく
 
社会全体に
ユーモアが足りていません。
 
アベさんなんか全然ユーモアが足りません。
アソウさんなんかマイナスです。
コイズミさんはユーモアが有りましたよね。
 
所ジョージさんはユーモアが有ります。
抜群にステキだと思いますね。
 
別の例で
ソフトバンクのCMなんかは
まさにその
ユーモアが溢れているから
ウケているんだとおもいますよ。
 
ふざけている、とお怒りのかたもいるでしょう。
 
でも
ユーモアは人間関係をスムースにする
潤滑油とおもいます。
 
 
昔の歌謡曲って結構
ダジャレ満載の歌があったりしたものです。
 
クレージーキャッツなんて抜群に
おもしろいです。
 
植木等という
優れた演者と
完成度の高い演奏に乗って
サイコーのパフォーマンスでした。
 
 
最近の歌は
あまりにも真面目すぎて
ガチすぎて
ヒットを狙いすぎて
 
ゆとりとかアソビが有りません。
 
 
コンピュータによって打ち込まれた
正確無比なリズムと
ヒットするためのコード進行。
 
ユーモアは
人間が刻む
自然なリズムが合います。
 
多少正確ではないかもしれませんが
乗ってくるとチョット走っていくような
リズムのほうが
人間の感性にあってます。
 
もっと楽しい音楽が聞きたいと
思っている方は
 
ぜひ
 
フジファブリックというバンドの
志村正彦さんが
存命されていた頃の曲を
聞いてみてほしいです。
 
 
全てのアルバムが
おすすめですが
最初に聞くなら
ベスト盤が良いです。
 
 
銀河という曲があるんですけど
まあユーモア満載です。
 
メチャ早いカッティングのギターに
間延びしたメロディーとボーカルで始まって
途中の歌詞は
擬音がいっぱい溢れていて
最後はUFOまで出てきます。
 
必見です。
いや必聴です。
 
ユーモアに溢れていますが
音楽性もメチャ高い。
 
現代のクレージーキャッツだったのですが
数年前にお亡くなりになりました。
 
バンドは今も活動しています。
音は高レベルを保っていますが
ユーモアが消失してしまいました。
 
 
ご冥福をお祈りします。
 
 
 
 

マインドセット

こんにちは、
流浪のブロガー、マキノです。
 
 
先日のネットビジネスの続きです。
 
今回はマインドセットという
心構えのような講義ですよ。
 
ズバリ9つの成果をお教えします。
 
 
1.共感が全て
2.商品は売るな
3.どんな問題を解決するために買ったのか
どんな結果を得るために買ったのか
なぜその商品を買ったのか
4.救うためなら商品は選ぶな
5.情熱的なラブレター
6.1秒でも長く読まれることに命をかけろ
7.しつこいくらいに具体的な例え話をしろ
8.3つの脳を順番に刺激しろ
9.とにかく行動させろ