アラ還オヤジのゆるゆる日記

日々の出来事や、好きなことを、難しいことは抜きにしてゆるゆると書き連ねて行きたいと考えています

ビートルズは如何

こんにちは

 

流浪のブロガー、マキノです。

 

 

今回は音楽です。

 

ザ・ビートルズ

 

多くの方が語られていて

今更、何を語るのか。

 

 

新しい事はありませんが、

ファーストアルバムで聴ける彼らの声は本当に輝いていて

息を吸う音やつばが飛んでいそうなスタジオで

本当に一生懸命に思いを伝えようと

している姿が思い浮かびます。

 

若い命のエネルギーを感じるのです。

 

 

そう、きっかけは

若い中学生の時、

憧れていたクラスメートが

ビートルズフアンでした。

 

男友達の一人がレコードを持っていました。

聞いてみたいと言ったら

貸してあげるよといわれて

アビーロード

リボルバーを借りて

聴きました。

 

イヤー、面白い!

一発でやられました。

それからは

一枚ずつ自分で買いました。

リボルバーはすぐに購入したんです。

 

そのクラスメートともそのおかげで

ビートルズの話を

ちょっとだけしました。

 

ある日「リボルバーを持ってる?」

とクラスメートに聞かれたのです。

「うん、もってるよ。」と答えたら

なんとびっくりクラスメートは持っていないから

貸してほしいと言ったんです。

 

二つ返事で

「OK、明日持って来るよ。」と言いました。

 

数日後、クラスメートは

「ごめんなさい、レコードにキズをつけてしまったの。

新しいのを買って来たから

新品をお返しします。」と言ったんです。

 

はからずも

クラスメートからプレゼント?をもらったのです。

キズの付いたままでも良かったのに。

って思っていました。

いや、そのままあげたってよかったんだ。

クラスメートの指紋や手あかのついた

レコードの方が自分には

価値があったのに。

 

 

ま、自分のレコードがクラスメートの家に

あり続ける事になって、

クラスメートが買って来てくれた

レコードが自分のラックに

入るようになったのです。

 

今考えれば

青春の1ページと言うのでしょか。

そのクラスメイトとはそれきりです。

今でも私はそのレコード持ってます。

 

CDに買い替えても捨てられませんからね。

クラスメイトはまだ持ってるのでしょうか?

 

 

話が脱線しました。

 

 

サージェント・ペパー以降は

4人のキャラがかなり違っていて

ソングライターが3人いるバンドは

さすがにこのグループ以外に

聞いた事がありません。

 

結局、ジョンとポールのライバル心が

名曲を生み出す原動力になっていて、

そばにずっといたジョージは

二人に感化され作るようになった。

 

そしてプロデューサーの

ジョージ・マーティン

見事な手腕で彼らを引っ張って

最高の音楽を作り上げた

と言う事です。

 

特に好きなのは

アビーロードですね。

 

ケイタイの中に入っていていまでも

時々聴いています。

というか

今でも聴いているのは

アビーロード

ホワイトアルバムだけです。

 

不思議なことに

この実質的最後のアルバムが

異論のある方もあるでしょうが

最高傑作になっています。

 

心が離れて

精神的にバラバラでいても

音楽は見事にバランスの取れた

アンサンブルができています。

そしてリズム、メロディー、曲の優秀さは

他のアルバムよりもむしろ

イイんだから。

 

そして

音楽的な部分でポールがリーダー的存在に

なってビートルズを引っ張ろうと

考えるようになって

ジョンとの仲違いするように

なるのがが悲しいです。

 

いま聞き返すと

当時もそう思っていましたが

ジョンレノンの歌が

心にしみます。

 

チューリップの財津和夫さんが

ポールには愛の広さを感じ、

ジョンには愛の深さを感じる。

と言っていました。

 

全く私も同感です。

 

そう、深いんです。

大好きです。

 

わたしは一曲だけ選ぶなら

ストロベリーフィールズフォーエバーです。

 

ウェーブのある独特な音とドラムのリズムが

印象的でとても好きな曲です。

 

月並みな話ですが皆さんは

どの曲が一番好きなんでしょうね?