アラ還オヤジのゆるゆる日記

日々の出来事や、好きなことを、難しいことは抜きにしてゆるゆると書き連ねて行きたいと考えています

メンズファッションのアドヴァイス

こんにちは。

流浪のブロガー、マキノです。

 

 

 

誰も読んでないファッションのアドヴァイス。 

あなたの参考になるんでしょうか?

さて小物類ですが

 

今はネクタイを締めている人は少数派かもしれないけど、アクセントとしてはとても素敵なアイテムです。

 

基本はシャツに合わせると間違いありません。

シャツがブルー系なら紺など、白に赤いストライプがあればワインのタイなど色の濃淡でグラデーションにすると良いです。

 

白の無地シャツならスーツの色に合わせていくというのが基本です。

 

チャコールグレー(無彩色)のスーツに白いシャツならほとんど何の色を合わせてもフィットします。

 

ネクタイは伝統柄がおススメです。

 ストライプ、小紋柄、ペイズリー、ドットを中心に。

 

プリントよりジャカードなどの織り柄が安っぽくみえずに良いでしょう。

 

ベルトは必ず色を揃えて下さい。

 

茶はなかなか同じ色がないので難しいです。

 

決まるとカッコイイですがね。

 

<靴>はコーディネートのキモです。

 

言っている事が矛盾するかもしれませんが

靴さえ良いものを履いていればスーツは安物でもオシャレに見せることができます。

 

またスーツにはスリッポンは合いません。

必ず紐の革靴を合わせて下さい。

 

つま先にデザインの入ったウイングチップ、ストレートチップよりプレーントゥがおススメです。

 

ちょっとコバの張ったプレーントゥはビジネスマンには万能の靴です。

そしてグッドイヤーウェルト製法のものなら何度も踵を張り替えることができるんです。

結局は経済的でもあります。

 

わたしは最近では修理屋ばかりでお金を使ってました。

新品の靴とはしばらく縁が有りません。

 

 

おすすめはご存知リーガル社の定番のプレーントゥです。

 

 

ローファーもジャケスラのコーディネイトには欠かせない靴でしょう。

リーガルの定番ローファーはサドルの飾り部分の両サイドがビーフロールと

いう丸めたデザインになっていて、コレがちょっと子供っぽい感じがして

お勧めしないです。

 

Bassというアメリカのブランドのローファーが比較的お値打ちでグッドデザインです。

難点はワイズ(巾)が狭いので日本人には合わないひとがいるかも知れません。

しかしおススメです。すこし大きめサイズを選ぶと私は履けました。

 

3足め以降でおススメは

Uチップをおススメします。

以外と流行に左右されずに長く履けます。

 

茶系の色を選べばジーンズなどにも合いそうです。

プレーントゥの茶もおススメです。

 

細かいことを言うとルールがいっぱいあって楽しくないので、大事なことは色を揃える!

 

あなたもこれだけ守って楽しんで下さい。

 

 

最後にもう一回いいます。

 (だからくどいって)

 

ファッションでは特に重要なのはです。

 

ま、金がないから高額なものは買えやしませんがカネをかけるなら高額なスーツ買うより靴ですね。

その方がよっぽど品良く見えます。